09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビデオキャプチャー 

どうしたらもっといい画質にできるだろう、と I/O DATA GV-MVP-RX/3 を使用している自分が少し考えてみた。

そもそもこの製品、レビュー等も多いが、はっきりいって型遅れだろう。
しかし、最新の製品はめちゃめちゃ高い、いいものは2万が相場ですかね。

キャプチャーの仕方は2種類、アナログとデジタルだ。
どこでアナログとデジタルが決まるか、考えてみたところ、つなぎ方かなぁと自己完結してみた。

GV-MVP-RX/3はビデオカードとS端子(スーファミ時代からだな、うむ)を使用している。
こいつはアナログであるっぽい、他にどんなものがあるかというと、
黄色のコンポーネント(ん?コンポジット?PSのやつだ)
D端子(PS2あたりででてきた、Dの形をしたD端子、アナログだ)
そして、HDMI端子か、こいつはモノホンのデジタル。

FrapsやDxtoryを使用したキャプチャはデジタルで使用した人はわかると思いますが、めちゃめちゃ綺麗です。
HDMIを使用したら、めちゃめちゃ綺麗に撮れるんじゃないかと思い、HDMI搭載のキャプチャーボードをみたら、3万前後から↑のものしかなかった。

次に候補を挙げるとすればD端子か、PV4にはD端子がついているそうだ。
S端子より綺麗だろうけど、ビデオカードからS端子で出ている以上あまり意味がないような気がしてきた。
そこで、「ビデオカードはHDMI搭載を選ぶべし」と思い、キャプチャーボードはHDMIの値段が下がるまで待つと思います。
関連記事
<< AVAがおもしろすぎる | ホーム | 4Gamer GUNZWEI(旧Gunz the Duel) 公式サイトオープン! >>

 

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://akitako.blog2.fc2.com/tb.php/418-174f4295
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。