08« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »10
グラフィックボード購入を検討している方がいたので、自分の見解をまとめてみようと記事にしてみました。

以下は、エントリー向けといえるグラフィックボードの価格表

GeForce 8600GT
GeForce 9400GT
GeForce 9500GT
RADEON HD 3850
RADEON HD 4650
RADEON HD 4670
4Gamer RADEON HD 4670 レビュー

おそらくこの辺りがエントリー向けといえるグラフィックボードだと思います、それ以下のものもありますが、
購入検討者はゲームをやられる方ですので、その方主体で感想を述べてみようと思います。

幸い私は8600GTSを所持しているので、割りといい記事ができるかもw (それはないな、うむ)

まず、この辺りのカードを選ぶ利点ですが、

・消費電力は低い。
・ケースを選ばない、最近はロープロ仕様?ブラケットが短いタイプでスリムケースなどにも使えるものもでています。
・価格が安い。

こんなところでしょう、あまり必要としない方には(ゲームはやらない、動画見る人など)最適な選択となります。

デメリットを考えてみる。
・ファンが小さい、またはファンレスの可能性から熱暴走の可能性がある。
・絶対的な性能不足

あまりあがらなかったですが、どちらも致命的なダメージです。

最近グラフィックボードには、補助電源が必要となり、おそらく8600GTSあたりから必要になってます。
その為、電源にも気をつかわなくてはならない分、このあたりのグラフィックボードは簡単ですね。

上記であげたグラフィックボードでは補助電源を使わないものばかりですが、その中でも一番の性能を誇るのは4670です。
今はエントリー向けになってしまいそうな、GeForce9600GTにせまる性能を見せており、ちょっと1万円では足がでるかもしれませんが、
おそらくGeForce9600GSO辺りと同じ性能がでると思われます。

4670と3850はほぼ同性能、3850は補助電源が必要です。
RADEONもGeForceと同じで、2桁目が「8」だと割と高性能に分類されるみたいですね。

4Gamer 半年前のミドルハイクラスグラフィックボード
※現在8800は、9800に名前が変わっています、また65nmプロセスと55nmプロセスと概観ではわからない2つが存在します、購入にはご注意下さい。

上記の記事は、半年前のものですが、どんな高性能でも時間がたつとエントリー向けに...
今後のエントリー向けとしては、9600GTがやっぱりコストパフォーマンスがよさげな感じ。
はっきり言うと、ライトゲーマーには、RADEONの選択が一番いいように感じます。
DirectXの対応もすでに10.1となっていますし、GeForceはいまだに10という...

そういった意味では3850は、なかなかのベストチョイスになるのかなぁと。
RADEONは動画再生能力が高いそうですよ、奥さん!(まぁ、昔からの言われ、ですな)
GeForceは、メーカーからの恩恵がある(GeForce使用時最適化されるなど)

とりあえず、このあたりで終わります。

関連記事
<< FF4DSをプレイ | ホーム | SocketAM3 >>

 

bits 

参考になります!

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://akitako.blog2.fc2.com/tb.php/408-639fb16b