08« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »10

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AIM診断(笑) 

先日、マウスパッド検証に用いたFLASHゲーム「Shoot
こいつに少しはまった感があります。

やってるうちに、自分のAIMの特性に気づいた点があったので、「AIMがなぁ」と思っている同志の参考になればいいなと思う。
SAで、KD50前後の人くらいに見てもらうといいかな。
「なんであたらんかわっかんねー」とか、「どうすりゃあんなに当たるんだ」って感じる初心者を脱した諸君、AIMを見直そう!w

まず、私が感じたことですが、やってるうちに的に対してどのあたりを狙ってるかを見たところ、
私はどうも、中心を狙っているのに行き過ぎていました。
なので、いつも「ここだ!」っていう位置を早めにしてみます、すると比較的多く真ん中に多くあたります。
じゃんじゃんやっていくと、どのようなAIMになっているかわかるので、動画を取れない人などにいいかもしれない。

効率のよさそうなAIM診断方法↓

中心を狙うのは当然ですが、速度と正確さの中間でお願いします。
リズミカルに一定の速度で、狙う→撃つを繰り返します。

最初真ん中にありますが、一発撃ったら、的を追います(絶対に真っ直ぐ動くのでその方向に真っ直ぐついていきます)
的の中心へ最短距離で進み、タッチするようにクリックしていくのです。

そうすると自分にあった速度だと、リズムよくポンポン進みます(はずす速度はやめてください、1点2点とれる速度)
若干はずすくらいであればおk、それもAIMの欠点の一つです。

しばらくやっていると、ずっとおんなじことを繰り返せると思います。

そこで、やりながら以下のことを考えます。

的を行き過ぎているか、届いていないか?

行き過ぎている場合、早めに打つようにしましょう。
届いていない場合は、遅めに撃つようにしましょう。
的から大きくはずすことが多い場合は特に欠点がわかりやすい。

そうして調整していくと、中心に当たる回数がだんだん増えていきます、そのタイミングで撃つことが理想のAIMINGと言えるでしょう。

最終的には、速度を上げていくことで、敵よりも早く頭を打ちぬくことができます。

FPSの場合は、止まってないと真っ直ぐ飛ばないことが多いので、これは基本的なAIM能力を見るだけになります。
実際にゲームと結び付けるにはゲームをたくさんやるべきでしょう。

リコイルと走り撃ちができない私は、ストッピングとタップを繰り返しながら狙ってます。

50%が60%になることを祈る!
関連記事
<< 007ファン待望,「Quantum of Solace」のPCデモ版は10月にリリースか | ホーム | ダーマポイント新製品 レビュー(自己完結) >>

 

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://akitako.blog2.fc2.com/tb.php/364-086552ab
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。