07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »09

Another Day 一般チャンネル 

どーもどーも、こんにちわ、Akitakoです。

最近はAnother Dayどっぷりですね、FPS。

前回の記事では「チョータノシイ!」なんていっておりましたが、それもそのはず、

ルーキーチャンネルで「俺TUEEEEEEEEEEEEEEEE」してたからでした orz

いやー、伍長になるまで初期チャンネルがルーキーで、まったく気付かなかったw

一般チャンネルでプレイしたらぼっこぼこにやられて、涙目状態です。

あと一般は人が少なくてさみしいですね。

一般チャンネルで爆破モードをやろう!

他に報告したいことは、伍長にあがってからスナイパーにうちこもうと思い、

ポイントいっぱい使いましたが、あまりの敵のうまさにやっていけないと判断。

アカウントを作り直して、サプライヤーやってます、あの動きにまずはなれなきゃだめだ・・・

サプライヤーかアサルトいまだに悩んでます、サプライヤー遠距離難しいんだ、これが。

遠距離武器がないのってきびしいなぁ、回復できるやつを上空に投げれば、時間差攻撃できるけどね。

ダッジしながらの攻撃をまずは身につけないといけないなって思ってます。

プレイヤーのみなさん、一緒にがんばりましょう、んではノシ
関連記事

Another Day 楽しい! 

いやはや、インストール時は困ったものでしたが、なかなか楽しいですw

リアルスポーツのスポーツよりのFPSですね、どんなFPSですかね(笑)

最初はアサルト(防御力の高い前線で戦うタイプ)でプレイしておりました。

初期武器やMK(AK47っぽいの)使ったり、ブースターなど使用してみました。

今は、主に後衛で援護役だと思うのですが、サプライヤーで突っ込んでます。

SMGの精度と俊敏な動きが気に入り、突っ込んであぼーんしてます。

HPとEP(特殊技能に使用する、MPみたいなもの)が見えるので、
回復する武器を使用して戦うべきなのでしょうけど、あの速さはお得だー。

スナイパーは少ししかやってませんです、つおい武器がまだ買えないので、
階級が上がってからかな、オートマチックのSRもなかなかいいですけど、

動きのはやいADでは、一撃で仕留めれる武器がいいですね、反動もあるし。

クローキング?っていう透明になれるみたいなので、サプライヤーや
スナイパーを楽しみたいところですね。

いろいろ武器が持てますので、距離によって使い分けるのがいいですね。

階級上げて、サプライヤーの強い武器を試すぞー!

回線落ちもないですし、適度に楽しめるクランに入れればなおよしかもかも?
関連記事
オープンベータがスタートしたということで、Another Dayをインストールしました!

しかし、起動直後、「サーバーリストを取得中」と表示され、一向に進まない。

こんのクソゲーが!?

と起こっていたところ、解決策がすでに出ているそうで、早速対応してみました。

プロバイダがぷららの場合に発生するようです。

ネットバリアサービスというのがあって、パケットフィルタがレベル1以上になっていると、

今回の現象に遭遇するそうです。

うちは関係ないやって思ってたら、うちぷららだってこと思い出し、対応にいたりました。

しかし、まぁ公式にヒットするのはいいんだけど、「不具合でないことがわかりました、やった!」的な

開発者の感想はいらないのですよ。

対応一覧にリンクするとか、してほしいところですね。

んでは、楽しんでみますか。
関連記事

Win7の回線2 と OS不調 

前回、Windows7の回線がCSOに限って悪いと書きましたが、どうもSAも良くないみたい;

XPでSAをやったところ、なんとなく動きに遅延がなく、ストッピングを要するSRもキー入れてすぐに打てば、まっすぐ飛んでいるかんじ。
いつもは、キー入力直後に打つと、止まり切ってないのかあさっての方向へとんでいってしまう。
まぁ、ただ単に下手って線も捨てきれないですけどね。

余談ですが、以外に良い?たぶん悪い、いや、普通に最悪なことですが、
静止状態からキー入力直後に打っても、球がまっすぐに飛ぶということにもなります、これ絶対下手になるww

そういった要因がいろいろ考えられますということです。

それで、XPはマルチブートにしていたんですね。

そしたら、なんと・・・


インストールディスクがないと立ち上がらなくなってしまった。
BOOT DISK FAILURE、INSERT SYSTEM DISK うんちゃらとでまして、HDDの故障とかに出るそうですね。
クーラー使ってないので熱暴走も考えられましたが、まぁないだろうということで、故障の線は捨ててましたが、
システム修復とかMBR(マスターブートレコード)の修復とかいろいろ試したんですが、ダメダメでした。

マルチブートしていたXpは別HDDなので、とりあえずはずしてそっぽ置いた状態で、7の入れなおしを心みました。
もともと2つのドライブを使用していて、プライマリのドライブはCとDにパーテーションを切って使用してました。
もう一つのドライブはバックアップ用というかデータドライブ。

最初入れなおす時、Cドライブのみフォーマットして入れなおしていたんですが、どうもこれだけじゃだめらしい。
ドライブまるまるフォーマットして、入れなおしたところ、うまくいったもよう、突然CDいらなくなったので、アバウトですけど。

ついでにサブPCのXPも入れなおしたので、今週だけで5,6回OSをインストールしてしまった。

私の趣味は再セットアップです。


とりあえずOSどちらも復帰しております。
ただ、ゲーム環境が7なのが頂けない、なんとかXPにしたいな・・・
関連記事

3分間スピーチ 

うちの会社では週一で、持ち回りで3分間スピーチをしています。

今週は私の番で、ネタを探さなければならないのですが、パソコン整理してたら、
前に話したメモが出てきたのでさらしてみます。

といってもパソコンのことなので、覚書みたいなものかな。
うん、3分どころじゃないねw
あっているかはどうかはわかりませんw



■導入目的
 モデム-ルータ┬メイン
          ├サブ
          ├プリンタ
          └予備のLAN

 (無線)UMPC

 保存用のデータは、メインに蓄積している為、ネットワークドライブを割り当てて行っていた。
 しかし、メインの電源が入っていないと当然使用できない。
 また、UMPCは1F、その他は2Fの為、電源を入れるだけでも大変。
 
          
☆BUFFALO LS-XH1.0L 66MB/Sを謳うNASの入門機
■転送速度(30点)
 CrystalMark2004R3で「10MB/S」
 実際にファイルを移動しても、ベンチマーク通りの速度
 ・比較
 SSDのUSB接続・・・「30MB/S」
 サブPCへの共有(LAN)・・・「11MB/S」

■良い点
 ・接続端末の電源を感知して、NASも自動起動
 ・WEBアクセスによる、外部からNASへアクセス可能、アクセスする為のツール類は全てBUFFALOより提供(試していない)
 ・プリントサーバー、UMPCですとCDドライブが付属していない為、プリンタドライバを入れる方法がない
  あまり印刷もしないので、たまに印刷したいとき、他の端末を使用するため、これをNASで対応できるのは良い(試していない)
 
■悪い点
 ・WEBアクセスのマニュアルが整っておらず、設定ができない。
 ・転送速度が遅い、やっぱりNASはここまで?

■まとめ
 転送速度については、ファイルを移動する端末の性能や、ケーブル、ルータなどの機器が影響する為、
 はっきりと悪いとは決め付けれない。
 公式はあまり当てになりはしないが、ネットで調べた結果よりもさらに遅いので、はっきり言っていまいち。
 NASを導入する場合、用途を考え、本当に必要であるか検討する必要があります。
 私の場合、PCへのアクセス速度と、あまり変わらないので高い買い物でしたが、目的は果たせました。

 NASの次は、現状のUSB2.0よりも10倍早いとされるUSB3.0対応HDDや、内臓HDD、ディスクドライブなどに
 使用される接続規格、SerialATA2.0よりも倍早いとされるSATA3.0を導入し、今後のパソコン事情を見て行きたい。


■USB3.0
 BUFFALO製USB3.0増設I/Fボード
 USB3.0対応外付けHDDケース
 SSDを使用して、転送速度をチェックした。

結果「82MB/S」

SSD内蔵のUSB2.0での転送速度は「30MB/S」であった。
2.5倍の転送速度が確認できた(理論値は10倍)
82MB/Sというと、ノートPCなどに使用される2.5inchHDDに近い数値であり
USB接続のバックアップ機器としては非常に優秀である。
 昨今は1ファイルサイズあたりのデータが非常に膨大であり、
バックアップする上でバックアップ時間がどうしても長くなってしまうので
USB3.0とすることで、かなりの時間が短縮できる。

■デメリット
 現在ではまだ、USB3.0に対応したマザーボードが少ないことと、
 USB3.0が搭載されていない端末では、PCカードやI/Fボードの増設が必要となる。
 増設するに当たっての知識が必要となってしまう点が、最も導入するうえでの足かせとなるでしょう。

 下位互換があるため、今後のパソコンにはUSB3.0が標準装備されていく為、
 外付けHDDの購入時には、USBの規格についても着目して欲しい
関連記事

windows 7の回線 

回線というか、LANポート?周り?というかドライバ?なのかあれですが、
どうも細いというか、悪いというか、なんというか。

SAのようなゲームだとPingはゲージで表されるため、細かな情報まではチェックできない。
しかしCSOのように数値で表されたとき、かなり違うことがよくわかる。

SAではゲージ5本の最大であるが、CSOだとレイテンシが100を超える数値である。

しかし、XP端末でプレイしてみると、レイテンシが40と半分以下であることがはっきりとわかった。

SAのようにゲージである場合、必要最低限以上でていればあたかもMAXであるかのように
錯覚してしまうが、実はそうではないらしい。

ただ、気になるのはOSが悪いというか、ハードが悪いというか・・・
CSOの問題ではないかなぁと思ったりもしばしば。

とりあえず、いいたいのはCSOもやりたいのでXPに戻そうかなぁってね^^

BNR スピードテストでは結果はほぼかわらないのになぁ、やはりCSO事態の問題か・・・
関連記事
 | ホーム |  次のページ