09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビデオキャプチャー 

どうしたらもっといい画質にできるだろう、と I/O DATA GV-MVP-RX/3 を使用している自分が少し考えてみた。

そもそもこの製品、レビュー等も多いが、はっきりいって型遅れだろう。
しかし、最新の製品はめちゃめちゃ高い、いいものは2万が相場ですかね。

キャプチャーの仕方は2種類、アナログとデジタルだ。
どこでアナログとデジタルが決まるか、考えてみたところ、つなぎ方かなぁと自己完結してみた。

GV-MVP-RX/3はビデオカードとS端子(スーファミ時代からだな、うむ)を使用している。
こいつはアナログであるっぽい、他にどんなものがあるかというと、
黄色のコンポーネント(ん?コンポジット?PSのやつだ)
D端子(PS2あたりででてきた、Dの形をしたD端子、アナログだ)
そして、HDMI端子か、こいつはモノホンのデジタル。

FrapsやDxtoryを使用したキャプチャはデジタルで使用した人はわかると思いますが、めちゃめちゃ綺麗です。
HDMIを使用したら、めちゃめちゃ綺麗に撮れるんじゃないかと思い、HDMI搭載のキャプチャーボードをみたら、3万前後から↑のものしかなかった。

次に候補を挙げるとすればD端子か、PV4にはD端子がついているそうだ。
S端子より綺麗だろうけど、ビデオカードからS端子で出ている以上あまり意味がないような気がしてきた。
そこで、「ビデオカードはHDMI搭載を選ぶべし」と思い、キャプチャーボードはHDMIの値段が下がるまで待つと思います。
関連記事
スポンサーサイト
4Gamer GUNZWEI(旧Gunz the Duel) 公式サイトオープン!

おうおう、ついにきました!フッカツダーフッカツダー!
ま、SSGunzで少し満足してしまった感が否めないですが、とりあえず移管は完了。

11/5から「クローズドβテスト」らしいです。
おそらく移管民しかできない感じです。

◆クローズドβテスト 参加資格
* 「GunZ the Duelのキャラクターデータを2008年8月8日までに作成済み
* 2008年8月18日3:00PM~2008年9月17日3:00PMの間に,GunZ the Duel公式サイトで,シリアルキーの発行を完了している
* GUNZWEI公式サイトで,シリアルキーの入力を行い,キャラクターデータの移管を完了している

とりあえず一番気に食わないのは。。。

Gunz the Duel = ガンズザデュエル だったはずなのに。。。

GUNZWEI = ガンツツヴァイ

なぜガン「ツ」?
漫画じゃないんですよw

ガンズツヴァイなら、納得できました。
関連記事
トリプルニートとやらに昇格しました!

sa_triple_dia.jpg
sa_triple_dia2.jpg

少佐の人の経験値みたら、300万超えてたんですけど、いままでの半分稼がないといけないなんて。。。w
関連記事
GeForce GTX 290
GeForce GTX 270
GeForce GTX 260GX2

上記3点がでるらしい、260GX2ってデュアル化するのか、すごいですね。
詳しい情報はわからないので、ここまで。

これらの登場で、現ハイエンド製品の価格が落ちてくれるといいですね。
CoD、UT3あたりでハイエンド入門とすれば、9800GTX+が15kくらいになってくれると。。。w
関連記事
シリーズものを企画するのは好きなんですが、続かないという。

週1でSSでもあげていこうかと思います、毎日は無理だと思った。

SS_200810W2

Call of Duty 4 Demo プレイ中、かっこいいと思ったワンショット

[【2008年10月2週】Call of Duty 4【今週の1ショット】]の続きを読む
関連記事

体感速度の問題。 

パソコンの性能において、CPUがうんこだから...とかそういったことをよく聞きますが、
最近思ったことがあります、本当に問題はCPUなのか?ということ。

私のメインPCは「Pentium Dual-Core E2180 2.0GHz(OC 2.4GHz常用)」です。
サブPCは「Core 2 Quad 6600 2.4GHz(定格)」です。
※詳しく性能の差が知りたい方は、価格.comなどで比較してください。

何か違うか?といわれたら、なんもかわんねww
処理速度は一緒なので、大して変わらないのです、マルチスレッドに対応したアプリケーションでは差がでますが、なかなか出るものでもないですね。

では、どうしたら体感速度があがるか。

答えは「ハードディスク」でしょう。

何をするにしても、メモリないし、ハードディスクを介するわけで、昨今ネックになっているものといえば、
もう何年も代わり映えのあまりない「ハードディスク」なのです。

最近はプラッタ容量が多いものが出てきましたが、市販のメーカーパソコンにそこまで気を使ってるものはないでしょう。

手っ取り早く体感速度を上げるには「Raid構成」を組むこと、単純に倍になります(ま、実際は数値上ですけれど)
パソコンの起動や、アプリケーションの起動速度は、それなりに変わります。

メーカーパソコンを御使用の方は、基本的にパーツ単位の変更はできないので厳しいですが、
BTOなどで、買うタイミングを間違えたーって方は、パーツを見直して、やりたいことに何が足りないのか、考えてみると
コストも最小限に抑えられると思います。


「CPUの性能が低い」には、プログラムの組み方の問題もありますかね。
あのゲームは大丈夫、このゲームは重いなんて時は、重いゲームの開発元を少し考えてみるといいかもしれませんw
関連記事
 | ホーム |  次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。