07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CPU GPU オーバークロック 

CPUとGPUをオーバークロックしてみました。
CPUはBIOSの機能を使い、Instant O.C 50% 20%を指定。
GPUはRivaTunerを使用して、シェーダクロックを増やし、8800GS並みの性能にしてみました。
以下が、3DMarkの結果。
oc_bench.jpg

FFXIのベンチは、GPUのOC前より下がってしまいました。
CPUがボトルネックとなり、スコアがあがらなかったのだと思います。

実際に常用できるのか?ってことで、UnrealTournament3DEMOをプレイ。


E2180のオーバークロックですが、リテールクーラを使用しています。
特に冷却に力を入れているわけではないので、非常にいいCPUですねぇ。

普通に使う分には、E2180等のCPUでぜんぜんおっけーですな。
L2キャッシュの少なさは出ており、ファイルの読み込みなど大規模になると遅くなります。
UT3DEMOのゲーム開始などマップファイルを読み込んでるのか、かなり時間がかかりました。
関連記事
スポンサーサイト
先日応募した、KeNNy 3on3 BATTLEの出場チームリストが昨日公開されました。
私たちの運命やいかに!

続きにチームリストを追加。

[KeNNy 3on3 BATTLE 出場チームリスト発表!]の続きを読む
関連記事
2008年8月30日 8600GTSに戻して、ベンチマークをとりました、追記をご参照。

左:GeForce8600GTS
右:GeForce9600GSO(フラッシュたかなかったら暗くなりました;)
GeForce8600GTS_01.jpg GeForce9600GSO_04.jpg

左:概観
右:背面
GF86GTS-GF96GSO_01.jpg GF86GTS-GF96GSO_02.jpg

GPU-Z
GPU-Z_GF96GSO_01.jpg

ベンチマークグラフ
BenchMarkGraph_20080802.jpg

その他スペック
M/B:MSI P35 Neo-F
CPU:Core2Quad Q6600 2.4G
RAM:DDR2 PC2-6400 2G*2 + 1G*2(内約3.2G認識、残RAMDisk)
HDD(システム):WD WD500AKKS
HDD(データ):HGST 160G*2(Raid0構成)

8600GTSは図ったんですが、メモしわすれてしまいました。
マザーボード、CPUを買ったときにまた図る予定w

[GeForce9600GSOの参考にならないベンチマーク]の続きを読む
関連記事

Pentium Dual-Core E2180とおまけ 

CPU単体で買うのは、AMD Athlon64 X2 3800+以来です、当時は4万もして大枚はたきましたw
Q6600と同じ2.4GHzである、E2200と迷いましたが、できるだけ安くということでE2180を選択。
2GHz→2.4GHzにOCして常用できたらいいなと思います。
高スペックを要するゲームにどの程度の影響がでるか、少し怖いですが、通常に使う分になんの支障もないことがわかり、
プログラマーとしても、自称庶民代表としても満足です。
わたしぁ、これを4Gとかにオーバークロックされても参考にならないのです!w
E218001.jpg E218002.jpg
ま、スペックが足りなくなるころには、Corei7の時代かしら?w

後はおまけ。
Creative SoundBlaster X-Fi XtreamGamer。
現在、ドライバーディスクを紛失中、どこかに落ちてないかなー。
便利なツールがついてて、配布もしていない模様。
M/Bを変えて、こいつは元Mainのもののままですが、フレからあまり変わってないといわれて、意味あるのかwって思いました。
マイクに関してはあまり効果がないのかな。
SB-XFI-XG.jpg
関連記事

foxconn MARSを購入! 

あれこれ悩み続けて数週間、ついにマザーボードを購入しました。

P5K-E→GA-P35-DS3R→GA-P45-DS3R→P5Q→P5Q-E→GA-EX38-DS4→P5K-PRO→MARS

こんな感じの流れで行き着きました。
ぶっちゃけありえないっすね、もともとオンボードRAIDが目的で考えてました。
そんなこんなで、P45でてるしって思い、調べ始めて省電力とかいいじゃんと思い、買おうと思いましたが、
P45はどうもまだあまり安定してないようで、いまいちだなーと思い始めて、なら上位製品はどうだって考えてて、
しかし値段が…と考えてしまい、ちなみにP5Q-Eは2万前後でした、最安18k?
そんなときに、興味のあったX38がTSUKUMOで安かったので、これは決定だと決めたところで、完売しちゃいました;
ほかの店舗では2万超えてしまうので、論外でしたので、P35の安くて安定してるやつってことで、P5K-Eを調べてたら、

生産終了ktkr

それはそれで仕方がないので、私がよくいくサイトでP5K-PROの紹介をしてるところがあったので、候補にいれました。
んでもって、Faithで特価がでた!「これが最終!」ってなせりふを添えてww
「よし、買おう」と決めて、CPUをE2180とE7200で悩んでたら、なぜかリストから消えたwwww

orz ← こんな状態でいつものように眺めてたら、MARSがでてきて、もともと名前だけは知ってて、
さらにその日いろいろ調べて、ハイエンドって位置づけらしく、2chで妙にイイジャンとか好評なことがかかれてたので、買ってみたということです。

気になるお値段は1万円です。

私は、安く、よい性能を求める人間になり、庶民の役に立とうと思いますwwwww

では前置きが長くなりました、MARSをご紹介してみようと思います。

色は赤が主体、かっこいい!机も赤でみにくい!
右の写真のようにタバコ縦置きと同じくらいの厚さがあります、1万円でこれは豪勢。
MSI P35 Neo-FやGIGABYTE GA-K8U-939は、この半分の厚さでした。
MARS01.jpg MARS02.jpg

では付属品はどうかな?
妙にいろいろ入ってます、半分以上使わず組み立ててしまいました。
画像に名前をふっておきました、間違ってなければいいけど。。。公式見れば載ってますけどね。

マニュアルは、CPUとメモリあたりを実際の画像を用いて詳細に書いたものが1点と、通常のマニュアル(英語)が1点。
もう一点は広告みたいのでした。
1枚のマニュアルはさまざまな言語に対応しており、日本語もありました。

4cmFANは、つけ方わからず実装しませんでした。
MARS04.jpg MARS05.jpg

では、気になる本体。
おぉ!かっこいいではないですか、ヒートシンクがこんなに豪勢なのは初めてです。
ノースからサウスにかけて、ヒートパイプが入ってるタイプですねぇ。
オーバークロッカー、ゲーマー向けと称されてるだけはありますね。
PCI-Exが2本あり、CrossFireX対応です、青はx4動作。

いやな点は一点、PCIの一番下の下にフロントパネル用のスピーカー等の端子があり、届かなかった;
MARS03.jpg
関連記事

PCケース購入。 

もともと、コチラのUNITCOM製のケースの購入を検討していたのですが、あまり扱っている店が多くなかったことと、
見つけてすぐに買わなかったため、売り切れちゃいました。
すぐに入荷予定もなさそうで、そのままスルーに。

そんなときに、Faithで特価品ということで4千円で購入、なんか受賞とかかかれててウホッって感じですね。
購入した製品はコチラの「CHIEFTEC AEGIS-BK(ブラック)」

では、画像の説明に、部屋が汚いのはご愛嬌。
中身の画像です、右はフロントパネルです、USB等は右側のフロントよりにあります。
case01.jpg case03.jpg

概観、右の図のFANぽいところはHDDに風が直接あたります、12cmFANあたりつけれるだろうか?
case02.jpg case04.jpg

左が旧PC、5年以上も使ったケースともお別れです。
小さめのを買おうと思ったのに、買って比べたら一回りでかくなったという…
足があるところがサーバーっぽくていい感じ、だけどゲームPCにしてしまった orz
case05.jpg

FANが少ないせいか、ドスパラのうるさいPCと比べるとかなり静か。
ドライバーいらずでHDDを取り付ける感動を得ました。
アクリルパネルの部分があるので、光物に走ってみたいなぁと感じる今日このごろ。
関連記事
 | ホーム |  次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。